SHAKYARIKI UNITED

SHAKYARIKI UNITED成長の軌跡。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年 酉年

あけましておめでとうございます!!
旧年は練習や試合などでお世話になりました。
みなさんに支えられてSHAKYARIKI UNITEDは7年目のシーズンを迎えます。
本年もますますしゃかりきに頑張ります!
これからもよろしくお願いします!!
スポンサーサイト
テーマ : バドミントン    ジャンル : スポーツ

初詣

餅食べた後は、住吉大社に初詣。

そう言えば、ゆーやが東京から帰ってきてくれてたんだった。餅つきの時から。


ゆーやと太鼓橋!


ジバニャンはここでも大人気






ツイートされる始末。


ちゃんとお詣りもしたぜ。


帰ってからは新年会






そして、次の日の試合に向けて団結したんだ。

餅つき大会

1月3日に餅つき大会をした。
杵と石の臼を使うガチのやつだ。
この計画を三尾に話した時、三尾は「えっ?ほんまに石の絹を使うんですか?」とか訳の分からない事を言っていたが、許してやって欲しい。

しかし、「さあ、始めよう」って時に杵が無い事に気付いた。

これは最悪だ。誰のせいなんだ。








妖怪のせいでした。


ちなみに、この為に直二は風呂場で3時間待ちだ。雪の影響でゆーやのバスが遅れたりしたからね。

で、餅米を蒸して、餅をつく。




ひたすらつく。


ちえちゃん頑張ってんのに、ジバニャンが…


あぁ、もうジバニャンとかどーでもいいってなってる。


餅つきってこんなにしんどいの?

つききった時に、宮田のおばあちゃんも登場!
まあ、高齢者とは思え無い程、お餅を食べる食べる。
何回も同じ話を喋る喋る。


それやのに、スマホいじりながら話聞く。今の若者は…


今回分かったのは、自分達でついたお餅は、最高に美味しかったってことと、宮田のおばあちゃんは、あんこのお餅が大好きだって事。

釈迦力联合的过年

SHAKYARIKI UNITEDは、年末年始練習の真っ最中だ。
年末年始なのに、バカみたいに練習ばっかりしている。
もうケツ筋が限界だ。





31日には、横浜から一樹が帰って来た。
またしてもハーフパンツを忘れると言う安定の一樹クオリティー。

でも、松ちゃんは

「いやいや、ラケットと
シューズもってきて
くれてるって奇跡
でしょ?(*^_^*)」

すごいポジティブ…いや、なんか違う。
直二は遅刻してもしゃーないなみたいな悪しき伝統やめよう。







夜は、蕎麦食べながら年越し!


#4松本も#12久保もほぼ寝てたけどね。

さあ、今年もSHAKYARIKI UNITEDはバドミントンを通して、人生を楽しむ。

中村勇也という人間

27日のSHAKYARIKI UNITEDの練習を終えて、#7YUYAは東京へと向かった。

思えば、6月に初めて勇也からコメントがあった。今読み返してみれば、くそ真面目なぐらい丁寧なコメントで、勇也の人間性が滲み出てる。


そして、練習ではチャラそうに見えて真面目で、誰よりもやる気に溢れていた。

そんなやる気が溢れてこぼれ出してしまったのが7月。勇也は、アキレス腱を切ってしまった。

でも、勇也は自分が出来る練習を続けたし、俺らの練習の手助けもしてくれた。ケガしても、バドミントンにちょっとでも関わってたいって思いがすごくて、それに勇也の人間性も相まって、俺らが勇也を好きになるのに時間は関係なかった。






















それから、俺らは共に充実した時間を過ごした。一緒にバドミントンをして、遊んで、足の具合も良くなってきた。そんな時、非情にも勇也の東京への転勤が決まってしまった。俺らにしては、一樹以来のショックだった。

でも、大丈夫。俺らと一樹が離れていても仲間なように、勇也ともずっと仲間だから。

一樹に勇也を紹介しに横浜に行ってきた。
最初は、お互いに丁寧に喋ってたけど、いつの間にか一樹がいつもの一樹に。一樹と勇也の裏表の無い人柄がそうさせるんだろう。もう、初めて会った気がしなかった。


勇也、場所は違えど共に頑張ろう。
また、会う日まで。


SHAKYARIKI UNITEDの#7は、中村勇也にしか背負えない。

#7 YUYA 入団会見 送別会

#7YUYAがセンセーショナルにSHAKYARIKI UNITEDに入団したのは、今月の初めの事だった。
当時は、入団と同時に東京行きが発表され、人々は驚きを禁じ得なかった。

そんなYUYAが昨日入団会見を開いた。
その様子がこちらだ。






そして、俺達は東京に行くYUYA の為に、パーティーを開いた。
見よ。この松ちゃんの安定の働かないっぷりを。






#2NAO-Gは遅れて来たんだが、パーティーなのにお寿司食べてくるってゆうクソっぷりを発揮していた。


そして、ケーキの登場!
YUYA のケーキはもちろんだが、なんと#6MIOのケーキまで用意されていた。
なんでや?って、思ってたら昨日がMIOどんぴしゃの誕生日だった。#12KYOKO凄し。MIO は、外身だけ大人になっていく。






公園に花火をしに行った。
この時、連写をすればKYOKOが変なポーズをいっぱいする法則が見付かった。







そして、花火。ワビボタン。







あぁ、楽しかった。
やっぱSHAKYARIKIのメンバーはあほばっかだ。
YUYAは、次の練習を最後に東京へ行く。そんな夢でしたってなれば良いのに。

SHAKYARIKI ×Buffaloes




シャカリキでまたオリックスの試合を見に行ってきた。

今日は、勝った。さすがいてまえ打線。

松ちゃんが見に行く試合、オリックスは全敗らしい。けど、今日は勝った。松ちゃんがきてから1点も入れてないけど。

恐るべし、松本。


ゆーや、オリックスのTシャツ忘れるってゆう、エセオリックスファンぶり。
写真良く見て。Tシャツ着てないから。








試合終わって、人工芝初めて降りた。
気持ち良いけど、これやっぱプラスチックやな。

明日も練習頑張ろう。

チャリティーバドミントン 団体戦INなみはやドーム







結果は3位だ。
4チーム中ね。

負けた2チームには共に2対1だった。優勝したチームには、あと1点とかだったんだけど、俺の駆け引き負け。松ちゃんは調子良かったんだけど。
まあ、負けは負け。
負けだ負けだ。
負けましたよーだ。

次は勝とう。その為にしんどい練習頑張ってるんだ。

第一回SHAKYARIKI登山隊!!

「山の頂上にお釈迦様がいるらしい。」



その言葉に好奇心を刺激されてしまった俺達は、SHAKYARIKIにお釈迦様の名前を頂いている者の使命として、その真偽を確かめるべく、大峰山系の釈迦ヶ岳を目指した。標高は、近畿では最高峰級の1799.6mだ。いや、ジャンプしたから1800mで良いだろう。

この企画は困難を極めた。企画の段階からキャンセルがあったり、当日体調不良や遅刻のオンパレードがあったりした。そんな安定のシャカリキクオリティにウンザリしながらも、俺達はめげる事無く釈迦ヶ岳を目指した。

午後1時30分
一般的には考えられない規模の遅刻の影響で、ようやく登山口に到着。登山届けを書いて登山をスタートする。2時間後に頂上の予定だ。
パーティーは、#2加納#3大野#9児玉#11小林


午後2時頃
すれ違う人達に
「え?今から登るの?」って目で見られる。
登山道は、稜線を歩く様な比較的ゆったりした道だった。時折見せる景色は清々しく壮大だった。








午後3時10分
頂上到着。
荘厳とそびえ立つお釈迦様。火照った体を冷やす風。山頂で頂く握り飯。最高の一時。






午後3時50分
下山開始。山頂は寒かったので、ジャケットは必須だ。



午後4時30分頃
登りよりも早いペースで下る中、野生の鹿を度々見かけた。


午後5時
下山完了。怪我が無い事が最大の成果。

釈迦ヶ岳は、登山口から頂上までのピストンだったら、急な傾斜も少なく比較的楽に登れた。

さあ、今から登山なんて出来ないって逃げ出したヘッポコ#0大家と合流して、焼肉だ。登山の後の焼肉が美味しい事は間違いないんだ。

!!!

”SHAKYARIKI.U No.4”
come back soon…!

練習予定変更

4月26日(土)住吉スポーツセンター
12時~16時
に変更します。

シャカリキマス!

昨日は、東住吉スポーツセンターで練習をした後、花見をしに長居公園へ。

おっと、写真を間違えてしまった。


こっちだ。





英語使わないゲームをしたんだが、みんな守る守る。全然喋ろうとしない。それでも、ふと英語使っちゃうし、罰ゲームとかして楽しかったんだけどね。
ただ、面白かったが、激寒だった。

花見の後、三次会の為に天王寺へ。
バドミントンの練習が一次会で、花見が二次会らしい。

シャカリキ女子がいる間は、行儀良くお酒を楽しみました。




いなくなってからは、ひどかったぜ。







特に一樹がね。お尻はセクシーだろ?

犠牲者は、松ちゃんだ。


こんな感じで、SHAKYARIKI UNITEDはバドミントンだけじゃなくて、仲間の繋がりも大切にしていく。

仙台 復興支援 バドミントン おしまい

仙台空港に着いた俺達は、時間ギリギリだったので、慌てて手荷物検査へ。
お土産を一瞬で買い、なんとか手荷物検査の列に並んだ。慌ててたから、何かを忘れている事に気付きもしないで。
その何かに肩を叩かれたのは、手荷物検査をする直前だった。そう、健さんがわざわざ気仙沼から見送りに来てくれたのだ。そういえば、見送りに来ることを仄めかす様なラインを送って来ていたなと思い出した。


再会も束の間、俺らは手荷物検査へ。そして、待合場所でゆっくりしていると、変なラインが。


青い服を着ているのが俺の姿だと分かった時、振り返ると


いや、もうこれは犯罪だ。


まさかのストーカーに見送られながら、愛すべき宮城県を後にした。




1年前は瓦礫や廃屋だらけだった海岸線から瓦礫が消え、仮設の商店街には活気があった。
町の人達は、皆優しくて暖かい。家やお店が流された事も平然と言ってのける。友達や家族を失っている人もいたかもしれない。でも、それを感じさせなかった。強いなあって思う。ここまでくるのに、想像もつかない程悲しんだり苦しんだりしたんだろうけど、それは俺には分からない。大きすぎて。
復興支援とか言って行ったけど、俺らがなんかいっぱい貰って帰って来た。これは、一生大切にする。

仙台 復興支援 バドミントン その2

とうとう最終日。白石城で顔真っ赤な出来事が起こる。

メジャーでは無いし小さいんだけど、綺麗で昔ながらの建築法で作られている白石城へ観光に行った。

桃と紅茶が有名らしく、ももちゃソフトなるものが売っていた。俺も買おうと並んでいると、親子連れで来ていたミホちゃん(恐らく年長)が、ソフトクリームをめっちゃ適当に持っていた。案の定、地面に落とす訳だ。しかも、その後を車が踏んでいくってゆうね。
一応店員さんが、新しいソフトクリームを作ってくれて、掃除もしようとしてくれた。しかし、「え?こんだけ?」って思わず言ってしまったぐらいの水の少なさで。なので、仕方なく俺が代わりに掃除をした。車が轢いて行った後も全部。


その間ミホちゃんやミホちゃんのお母さんと沢山お話出来たから良いんだけどね。それに、ミホちゃんの落としたソフトクリームでふざけたりもしていたし。

ミホちゃんは、友達のヒナノちゃんを待つらしく、俺らは白石城へ。

白石城内では、鎧が飾ってあった。「着たいな。」って話していたら、おっちゃんが「着てみますか。」って。感動していたら、「紙で出来てるんでね。」って。
俺「・・・。」
まあ、鎧の似合わない事似合わない事。


冊の中に展示してある鎧についても聞いてみたら、「これは着れないけど、プラスチックプラスチック」って。
俺「・・・。」


そんな感じで白石城を楽しんで、またももちゃソフトを買おうと売店へ。

そうです。あろう事か、ソフトクリームをミホちゃんしてしまった。
急いで掃除をしていると、まさかのヒナノちゃんのお母さんに声をかけられる。で、ミホちゃん達も来てバレてしまう顔真っ赤パターン。
俺は黙々と掃除した。


売店のお姉さん。二回もごめんね。


そして、仙台空港へと向かうのだった。

仙台 復興支援 バドミントン その1

仙台市に着いてすぐにしたのは、もちろんバドミントンで、この日参加させてもらったチームは、「仙北バドミントン」だ。

「仙北バドミントン」は、仙台市の社会人リーグの1部や2部で活躍する人が集まったチームだそうだ。だから、気仙沼よりレベルは高かった。

ドライブが苦手な俺は、基礎打ちのドライブでけちょんけちょんにされたが、試合は何とかなった。ミスは多かったけど。






試合をしている時は、余裕が無くてあまり喋れなかったが、喋るととても良い人達だった。


練習後は、ダッシュで秋保温泉へ。緑水亭に泊まったんだけど、とても手入れがされていて、広大な庭があるホテルでした。しかも、チェックインが遅かったから露天風呂が貸し切りってゆうね。ただ、大浴場から露天風呂までが少し離れていて、寒い中すっぽんぽんで移動するのは惨めでしたけど。

そんな感じで2日目もあっという間だったんだ。

気仙沼 復興支援 バドミントン その2

二日目
寝坊してチェックアウトの時間を大幅に過ぎたにも関わらず、見逃してくれたアコモインさんの優しさに感謝しつつ、かもめ通りにある泰斗さんの勤め先「佐川写真館」へ。気仙沼唯一の写真館だそうだ。


佐川一家の自営業なので、とてもアットホームで暖かい写真館だった。特にお母さんがよく喋るし、泰斗さんの奥さんもノリノリだった。

気仙沼に寄ったら、旅の思い出に是非「佐川写真館」へ。その際に「シャカリキのブログを見て来ました。」って言ったら、「はぁ?」ってなると思います。

昼は、泰斗さんと一緒に「復興屋台村気仙沼横丁」へ。
「マグロ亭」に入ったんだけど、あのね、海鮮がいちいち美味しい。さすが、海とともに生きる町だ。




お土産屋さんのお店の人も気さくで、イチゴ食べさせてくれたり、大阪のチャリのマナーや、大阪人の品性をディスられたりした。


そして、人の優しさに溢れた町、気仙沼市を後にした。

気仙沼 復興支援 バドミントン その1

宮城へ行ってきた。復興の現状を見たいのと、しょぼいけど、復興支援になれば良いかなと思って。

一日目は、気仙沼に行ってきた。道中、かなり瓦礫は無くなっている印象だった。ただ、やっぱり更地だらけだ。震災前の様子は分からないが、復興までは、まだまだなんだろう。




気仙沼では、地の人とバドミントンをしたくて、練習情報を仕入れにオノヤスポーツへ。この選択が後の素晴らしい出会いを生む。
オノヤスポーツで、誰に話しかけようかと思っていると、やたらガット張りをアピってくる不審な店員が。その隣には、やたら目を逸らしてくる社員ぽい人が。
これが、健さんと輝との出会いだ。


そして、健さんの紹介で「松川珍プレー」の練習に参加させて貰った。やっぱバドは、どこでやってもバドで、おもろい。
練習の後、健さんと輝と、いつの間にか仲間になってた泰斗さんと飲みに居酒屋「ぴんぽん」へ。
メニューは、下ネタばっかりで滑ってたが、味は一級品だ。
気仙沼で出会った皆は、初めて会った筈やのに良くしてくれるから、俺ら騙されてんちゃうかってぐらい、明るくてめっちゃ良い人達だった。

気仙沼で人の暖かさを感じた一日目は、あっという間に終わった。

まっちゃんTELわず


まっちゃん。久しぶりのまっちゃん。


ラーメンなう

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

SHAKYARIKI UTD

Author:SHAKYARIKI UTD
 SHAKYARIKI UNITED(シャカリキ ユナイテッド)は、大阪で活動しているバドミントンチームだ。メンバーは、社会人リーグで男子はWINGS(大阪3部)やBEARS(大阪5部)、女子は零(兵庫1部)やこーせつ(奈良2部)等で活躍している。
メンバーは、みんなアホでどーしよーもなくて良い奴ばっかだ。
そんなアホな俺らも練習だけはシャカリキに頑張っている。
 ここでは、俺たちの成長の軌跡を、記していこうと思う。

カウンター
SHAKYARIKI OPEN MD FN
SHAKYARIKI UNITED #7YUYA
東京へ旅立った勇也に送る 練習風景や思い出が詰まったムービー。 是非。
バドミントンリング
ここをクリックしたら、どっかのバド関係のサイトに飛ばしてくれるらしい・・・。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
FC2ブログランキング
良かったら押して
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。